から揚げ日記

京都のデザイナーが普段食べてる美味しいもの、よいお店を紹介します。から揚げだけではなく、気になったものを書いていきます。

つくもうどんのとり天鶏卵カレーうどん

f:id:gridGraphic:20200130154944j:plain

とり天鶏卵カレーうどん 880円


「つくもうどん」は、京都駅の地下東口(JR京都駅と地下鉄京都駅の両方の改札があるところ。セブンイレブンの隣)に2018年にできたお店。前は落ち着いたカフェで、東京出張の時の朝など良く利用してたので、うどん屋さんになって驚いたのである。

から揚げ日記と名乗ってる以上、唐揚げでないといけないとは思いつつ、鶏の天ぷらなのでセーフとしよう(笑


さて、そのとり天。

今回は「とり天鶏卵カレーうどん」という、「鶏」が二度も出てくるやや長いネーミングの商品。「カレーうどん」の「鶏卵(卵とじ)」に「とり天」をトッピングしたボリューム満点の一品。写真を見ても分かるような(分かるかな?)黄金色に光ってます。カレーの香りと相まって、お出汁のなかに飛び込みたくなるビジュアルです。

とり天は、天ぷらというか素揚げに近い薄い衣でカリっと(二度揚げ?)してて、僕好み。肉はややパサっとしてるけれど、うどんの出汁に浸かるので丁度良い具合に感じます。カレーの場合は、とろみがあるのでこの位がベストかも。また、鶏卵カレーうどんはこのお店の一押しだけあって、トロトロの出汁カレーと卵何個分?という感じの溶き卵がフワフワで美味く、マジでクセになります。これが食べたくて、わざわざ京都駅まで来てしまうくらいに。
そして、とり天を堪能しつつうどんを食べて、最後に残った卵でとじたカレー出汁に白ご飯をぶち込んで食べたらさぞ美味いだろうなぁと思いながら、いつもグッと我慢するのでありました。お腹はち切れるから。たぶん。


この「つくもうどん」の同じ並びに「志津屋」があり、「カルネ」や「ニューバード」なんかをつい買ってしまうのでした。「ニューバード」はほんのりカレー味のソーセージをパンで巻いて上げたもの。これが美味い。で、「カルネ」はフランスパンにシャキシャキのオニオンスライスとハムが挟まれた商品。意外に濃厚なマーガリンがこの「カルネ」の味のバランスを決めてる気がします。そしてこの「カルネ」が京都人のソールフードと書いてある記事があり、誰がそんなこと言うてるねん!とツッコミたくなるけど、やっぱり美味しいし僕は大好きです(笑



と言うことで、

から揚げ星は ☆☆☆☆

 

 

つくもうどん 塩小路本店
京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町901
JR京都駅構内地下東口
定休日なし

]

博多 かわ屋の鶏もも唐揚げ

f:id:gridGraphic:20200202130054j:plain

柚子胡椒が効いた「鶏ももの唐揚げ」 580円


 

四条烏丸の西、室町通新町通の間の路地の奥に「博多 かわ屋」がある。その路地には、友人のコーヒーショップやお世話になってるバーなどがあって、割とよく行く場所にも関わらず数件あるお店には入ったことがなかった。この「かわ屋」さんは友達に誘われて入って、小綺麗の店内と接客が気持ち良かったので、今回二度目にして、気になっていたから揚げを注文。

こちらの名物、お店のおすすめはから揚げではなくて「とりかわ焼き」。1968年に博多の「焼きとり権兵衛」で生まれ、福岡県民の誰もが愛してやまないという名物になったとか。(お店のWEB参照)

1968年と云えば、僕が生まれた年なので、この「とりかわ焼き」は、もう52年の歴史を持つことになる。


で、から揚げ。

外の衣はカリふわ、硬過ぎず柔らか過ぎずという感じ。僕は硬い方が好きだけど、これもまた良い感じ。鶏ももは、柔らかくてもしっかりしてる。味はなんと、柚子胡椒。このパターンは初めてでした。割と強めというか、しっかり辛い。僕としては、もう少し控えめでも良いかなぁ。。
そして、この柚子胡椒風味のから揚げはビールにも当然合うんだけど、レモンサワーが最高にマッチ。これを食べる時は、絶対にレモンサワー一択。ぜひお試しください。

ということで、その他にささみをワサビ醤油のタレで焼いた「シギ焼き」(鶏ささみをシギというらしい)も美味しく、鶏系のメニューも豊富で博多系の定番モツ鍋(これが美味そう〜!)や明太子、さつま揚げなどもあります。


WEB見て分かったけど、このお店実は博多には店舗がなくて、名古屋が本店とのこと。うーん。東京の会社なのに「京都本店」と名乗るなんちゃって老舗と同じなのか?と思ったけれど、感じ良くて美味しいから許す。



ということで、

から揚げ星は ☆☆☆

 

 

博多 かわ屋
京都市中京区観音堂町458 2F
17:30〜23:00 年中無休

]

f:id:gridGraphic:20200208235049j:plain

名物 かわ焼き 1本 170円



お食事処 まつもとのから揚げ定食

f:id:gridGraphic:20200125114657j:plain

鳥唐定食 750円

今年の冬は気色悪いくらい暖かくて、昨日はなんと13度だったとか。このままだと桜が咲いてしまうんじゃないかと話しながら、昨夜は寺町二条の「有恒」さんで新年会。久しぶりにええもん食べさせてもらって、「もうしばらくご飯は要らん」などと言っていたのに、やっぱり朝起きたらお腹が減っているという始末。それは太るよね〜などと笑いながら、少し仕事をして二件ほど連絡や手配なんかをしてたらもうお昼。

朝もしっかり食べたのにやっぱりお腹は減るんやねと、少し早めのランチにしようと近所の「まつもと」さんへ。ここは、うどんやカレー、丼物からハンバーグや魚フライなどバラエティ豊かにたくさんのメニューがある。店の内装はちょっと喫茶店風なんだけど、やっぱり洋食店かな。なぜなら、奥で料理を担当するマスターまたは大将(呼んだことも話したこともないので、どう呼ぶべきか分からない)が白いコック着をつけてらっしゃるから。
で、ホール(というべきか)に立ってお客さんの相手をしたり、注文を取ったり料理を運んだり、お会計をしたりされてる女性が気持ちよく対応してくださる。

と「まつもと」さんの説明はこのくらいで、今日のメニューはもちろん「から揚げ定食」。鶏のから揚げ。こちらには鶏以外にも肉のから揚げもある。そして、他にもたくさんあるメニューすべて美味しいんだけど、僕はここの「から揚げ」が一番好き。たまに「から揚げの甘酢掛け」にしてもらうこともあるけれど。

から揚げは、衣が柔らかくソフトな食感で、鶏肉そのものは塊ではなく薄目に切られてて、食べやすく柔らかくてジューシー。軽く味付けされているけれど、レモンと醤油、辛子で食べる。添えられたキャベツの千切りは水々しくて柔らかで美味しい。普段生のキャベツは食べない僕もお替わりしたくなるくらい。から揚げに辛子と醤油というのに違和感を感じる人もいるかも知れないけれど、意外に美味しくてハマります。食べ進んで最後の方になると、そのキャベツのコーナーへ醤油が侵食して漬物のような感じになるんだけれど、これも割と好き。ちなみに僕は、牡蠣フライも辛子と醤油で食べます。

から揚げのボリュームも丁度よいし、ご飯は炊きたてだし、豆腐の味噌汁は若干濃い目だけど旨いし、お漬物も良い感じ。これで750円は素晴らしい。

 

ということで、

から揚げ星は ☆☆☆☆

 


お食事処 まつもと
京都市下京区和泉町539
11時30分〜19時
日曜・祝日休

]

大宝のから揚げ

f:id:gridGraphic:20200202130519j:image

今日のランチは事務所から徒歩5分程にある、洋食の「まつもと」でから揚げ定食を食べようと出掛けたんだけど、12時を少し過ぎてたのでサラリーマンの皆さんで満席。完全に出遅れ。ここもコストパフォーマンスの高い食堂なので、またいつか紹介したい。

ということで、直ぐ近くのラーメン「大宝」へ。こちらも人気のお店。最近では外国人が並んでいる姿をよく見かける。ラーメンの種類も多く、しょうゆラーメン、塩ラーメン、大宝麺(辛旨)、坦々麺、すじラーメン、まぜそばがレギュラー。夏には冷麺もあり、僕はこれも好き。

で、ランチタイムはそれらの好きなラーメンにから揚げとご飯をセットにしたりできる。他に餃子、チャーシューおにぎり、すじ丼などセットできるメニューもたくさんあります。

そして、から揚げ日記を書くために今日はから揚げをチョイス。こちらのから揚げは、外はパリパリカリカリ、なかはジューシーでかなり熱いのでやけど要注意。猫舌の人は気をつけてください。しっかりとしたスパイシーな味付けでご飯がすすむ。そしてやっぱりビールにも合うお味。夜中に独りでビールと餃子、から揚げを摘んで、〆にラーメンを食べて帰るということを割と良くやります。事務所から近いので。



ということで、

から揚げ星は ☆☆☆


大宝
京都市下京区烏丸通五条下ル大坂町404
年中無休

]

珉珉 桃山店のから揚げと五目焼きそば

f:id:gridGraphic:20200202130615j:image

大手筋の方に用事があり、事務所から南へ車で約20分。御香宮神社の駐車場に車を停めて、まずはお詣り。こちらは神功皇后(じんぐうこうごう)が主祭神で、日本第一安産守護大神となっている神社。伏見稲荷に生まれ育った僕は、子供の頃から買い物と言えば大手筋で、割と大人になってからは四条方面の所謂「京都(まちなか)」へ出るようになったこともあり、ここ伏見桃山の大手筋、そして御香宮さんは馴染みの深い場所でもある。

さてお詣りをして、所用を済ませたら丁度昼過ぎ。久しぶりの大手筋なので、ラーメン大中に行くと15人ほどの行列。最近の京都はこんな外れ(市内中心地から離れたの意)のお店でも行列ができてるし、街中だと予約しないと入れないようなお店が増えた。そして値段も上がってる。

ということで、通りを渡って少し先の珉珉へ。ここもよく来るお店。店内は明るく清潔で、店員さんも感じ良くて独りでも居心地が良い。


まずはから揚げ(小)を注文。いつもは車じゃないので、ここで瓶ビールと餃子を頼むところをグッと我慢して、五目焼きそばを注文。

から揚げは、外カリ中ジュワの僕の好きな揚げ方。衣の味は薄く、柔らかめの食感。白ネギとレモン、塩胡椒が添えられてる。熱々のから揚げをハフハフして食べて、やっぱりビールが欲しくなるも堪える。隣に座ったおじさんがビールを旨そうに飲むのを羨ましくチラ見しながら、五目焼きそばへ箸をつける。
大きな木耳、イカ、そして割と多めのエビ。細かく刻んだ白菜ともやしが良い感じの歯触りでアクセントとなってる。太めの麺で卵も絡ませてあり、フワフワ柔らかく、味は薄めで上品だけどしっかりとしてる。素材の切り方、下味など丁寧な仕事も嬉しい。そして美味しい。これは大盛りでもいけたかも。


ということで、

から揚げ星は ☆☆☆
焼きそばは ☆☆☆☆




珉珉 桃山店
京都市伏見区京町4-157-1 文殊ビル2F
定休日なし

珉珉オフィシャルサイト


]

f:id:gridGraphic:20200305182132j:plain

五目焼きそば。優しくて美味しい



あいばカレー食堂のから揚げカレー

f:id:gridGraphic:20200202130806j:image

事務所から歩いて7〜8分。自転車で5分掛からない寺町高辻を上ったところに「あいばカレー食堂」はある。カレー食堂と名乗るだけあってカレーがお店のイチ押しだと思うけれど、定食類も色々あって、どれも美味しくて、ひとつずつ丁寧に作られてる感じがとても良い。

なかでも僕は、から揚げが好き。カリっというか、パリっと揚がった表面、中はジューシーで程よい肉の弾力と旨味、衣(鶏肉自体)の味付けも僕好み。いつもはから揚げ定食を食べることが多いんだけど、今日は若干二日酔い気味だったので、から揚げカレーを注文。

最初は甘くて後からスパイシーな辛さがやって来る、これも僕の好きな感じ。ご飯も少し硬めで良い感じ。そこに熱々のから揚げが乗って、たっぷりのルーが掛かってた日にはたまりません。

つい大盛りを頼みそうになるところを、普通で我慢。脳内イメージでは食べられるのに、実際には苦しくなるというのが最近増えてきたので、自分に大盛り禁止令を出してる。十代の頃は、吉野家の牛丼の大盛りを二杯と並一杯の合計三杯を余裕で食べてたのが懐かしいけれど。

ああ、歳を取ったなぁ。



ということで、から揚げ星は ☆☆☆☆
明日は、何を食べようかなぁ。


あいばカレー食堂
京都市下京区寺町通高辻上ル恵美須之町534
日曜日定休

]

珉珉 四条店の麻辣唐揚げ

f:id:gridGraphic:20200202131010j:image

本日は「十日戎」ということで、事務所のお札をいただきに八坂神社へ今年はじめてのお詣りをし、その末社である蛭子神社にて今年の商売繁盛を祈願。そして、ひとりブラブラと歩きながら、四条木屋町下るの珉珉四条店で餃子とビールを注文。程なくサッポロの赤星が出てきて、一杯目をグビっと飲んで「かぁ〜!」と。昼間の明るい時に飲むビールの旨さって何事にも変えられない気がするよね。若干の罪悪感もありながら(笑

一息にビールを喉に流し込み、気持ちが落ち着いたところで、テーブルの上の「麻辣唐揚げ」と書かれた刺激的なPOPが目に入る。独りで食べるには多いかなぁと思いながら、唐揚げ魂が発動してしまい注文。と、先程注文した餃子二人前が到着。一人前にしておけば良かったと一瞬後悔しかけたけれど、一口食べるとやっぱり旨い。王将のパリッとした餃子も美味しいんだけれど、珉珉の焼き目がパリットしていながら、全体にソフトでやわらかな感じもまた美味い。

で、肝心の唐揚げが到着。

辛い!旨い!
美味いでもなく、旨い。

唐辛子、八角?などの本格中華の麻婆的な濃厚な餡が、唐揚げにこれでもかとたっぷり掛かってる。みるみる汗が噴き出す程の辛さで、後を引く香りと癖になる旨味で箸が止まらない。大きめの唐揚げが6〜7個。独りで他のメニューも食べようと思うと、やはりこのポーションは少し重い。しっかり食べたけど(笑

でも「当店のお薦め」と書いてあるだけのことはあります。

この珉珉 四条店は、意外に穴場なのである。四条河原町からも近く、至極便利の良い場所にも関わらずあまり知られていないのか、程よく空いてる。満席の時間帯もあるけれど。。僕は、他にも祇園店、三条店、桃山店にもよく行く。

 

因みに「珉珉(みんみん)」の「珉」の字は、「みん」と打っても変換候補には出てこない。「びん」と打つと出てくるのである。



ちなみに、から揚げ星は ☆☆☆

 

珉珉 四条店
京都市下京区船頭町237-9
珉珉  本店公式サイト


]

 

f:id:gridGraphic:20200111183937j:image

f:id:gridGraphic:20200111183946j:image